超てきとう日記3

~Michaelと稲葉さんを探し彷徨う旅は果てしない~

# プロフィール

KenKen

Author:KenKen
Apple大好き!
Michael Jordan大好き!
NBA大好き!
B'z大好き!
な、超てきとうな人間のBLOG。
※(注)誤字脱字満載です!

名 前:kenken
出身地:稲葉さんと一緒。
血液型:稲葉さんと一緒。
身 長:178cm!
AIR JORDAN、100足所持!

# FC2カウンター

# FC2 BLOGランキング

# 最近の記事

# ブログ内検索

# 月別アーカイブ

「生命体が存在する可能性」のある3惑星を発見、国際研究チーム

国際科学研究チームは2日、生命体が発見される可能性がこれまでで最も高い、地球に似た太陽系外惑星3つを発見したと発表した。

 英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された論文によると、この3惑星は地球からわずか39光年離れた超低温の矮星を周回しており、その大きさと温度は地球や金星に匹敵するとみられるという。

 主執筆者のベルギー・リエージュ大学(University of Liege)天体物理学者マイケル・ギロン(Michael Gillon)氏は、「太陽系外で生命の化学的痕跡を発見した初めての機会」と指摘。これら3惑星はすべて、地球とほぼ同じ大きさで「生命体が存在する可能性」があり、現在の科学技術で大気圏を分析できる距離にあるなど「3拍子揃っている」と語った。

 ギロン氏らの研究チームは、チリにある口径60センチのトラピスト(TRAPPIST)望遠鏡を使って、光学望遠鏡で観測可能な大きすぎず高温すぎない数十個の矮星を追跡調査。その中でも特に可能性が高い、太陽の8分の1程度の大きさではるかに低温の矮星「TRAPPIST-1」に狙いをつけた。

 3惑星のうち、内側の2つの惑星の公転周期はそれぞれ1.5日と2.4日だが、地球が太陽から受ける放射熱のそれぞれ4倍と2倍程度の放射熱しか受けていないという。また、最も外側にある3つ目の惑星の公転周期は4~73日だとしている。

 大きさや低輝度の恒星から近い距離にあることを考慮すると、この3惑星に液体の水や生命に適した一定の気温を保つ地域が存在する可能性があると論文は結論付けている。

 地球に似た惑星の探索はこれまで、太陽のように巨大で高温な恒星の周囲を中心に行われてきたが、今回の発見により、超低温の矮星の周囲にも生命体が存在する可能性がある惑星があることが示された。ギロン氏は、「銀河系全体でみれば、こうした惑星が数十億個存在するだろう」と語った。




光の速さで進んで39年かかる距離。
近いのか近くないのか…
他の何十億光年とかよりそりゃ近いが、世界最速の宇宙船でどんくらいかかるの???
サイヤ人の宇宙船かナメック人の宇宙船があれば行けるのにな〜。
早く生命の映像を見せてほしい。
めっちゃスピード出て、ドローンみたいな探索機出来ないのか?
対消滅エンジン出来ないのかなぁ〜?よくわかってはいないけど。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# B'z [DINOSAUR]

(初回限定盤)(Blu-ray付)

(Amazon.co.jp限定 特典内容未定)
2017年11月29日

# B'z [DINOSAUR]

(初回限定盤)(Blu-ray付)

(Amazon.co.jp限定 特典内容未定)
2017年11月29日

# B'z [DINOSAUR]

(初回限定盤)(Blu-ray付)

(Amazon.co.jp限定 特典内容未定)
2017年11月29日

# あなたが欲しいのはコレ?

# ビックカメラ.com

ビックカメラ.com

# 古本さがすならココ!

古本市場オンライン

FC2Ad