超てきとう日記3

~Michaelと稲葉さんを探し彷徨う旅は果てしない~

# プロフィール

KenKen

Author:KenKen
Apple大好き!
Michael Jordan大好き!
NBA大好き!
B'z大好き!
な、超てきとうな人間のBLOG。
※(注)誤字脱字満載です!

名 前:kenken
出身地:稲葉さんと一緒。
血液型:稲葉さんと一緒。
身 長:178cm!
AIR JORDAN、100足所持!

# FC2カウンター

# FC2 BLOGランキング

# 最近の記事

# ブログ内検索

# 月別アーカイブ

【NBA】C.ポールがダブルダブル! ホーネッツ2連勝

 ニューオリンズ・ホーネッツは現地時間30日、敵地USエアウェイズ・センターでフェニックス・サンズと対戦し、108対95で勝利。司令塔のクリス・ポールが20得点、10アシスト、8リバウンド、3スティールと獅子奮迅の働きを見せ、開幕2連勝を飾った。

 ホーネッツは他に、モリス・ペターソンが3ポイントシュートを6本中4本成功し、チームハイの21得点を奪取した。ペイジャ・ストヤコビッチは20得点、6リバウンド、デビッド・ウェストも18得点、7リバウンド、4アシストとオフェンスが爆発。さらに、王者ボストン・セルティックスからオフに加入したジェームス・ポージー(13得点)が攻守に渡ってチームを支え、勝利を引き寄せた。

 試合は、第1Qからホーネッツ優位の展開で進む。前半で56対44と2ケタ点差をつけると、そのまま最後まで1度もリードを許すことなくサンズを圧倒した。「こういうゲームをシーズンの初めから出来るのはとてもいい兆候だ」とバイロン・スコットHCは試合内容に満足げな表情を浮かべた。

 一方のサンズは、スティーブ・ナッシュが24得点、9アシスト、4リバウンドをマークした。フォワードのアマレ・ストゥダマイヤーも21得点、12リバウンドのダブルダブルを達成したが、シャキール・オニールは8得点、8リバウンドと波に乗れず。また、チーム全体でホーネッツより11も多い「24」ターンオーバーを犯したことが敗因の1つとなった。



ホーネッツ、今年も絶好調。
クリス・ポールの動きがイイようだ。
けが人が多いのが少し気になるが…
良いところにいってほしいチームではあるな。

サンズは、チームがまとまってないと言うか…ま、2試合目だから、こんなもんか…
あのスペインの若手、遠くで見ると、ナッシュと見分けにくい。

風邪ウイルスの作用が明らかに

普通の風邪の根本的治療につながる新知見が、カナダおよび米国の研究チームにより報告された。普通の風邪は、どこにでも存在するヒトライノウイルス(HRV)が原因だといわれてきたが、実はこのウイルスが鼻水、くしゃみ、咳(せき)などの不快な症状を引き起こしているわけではなく、ウイルスによってヒトの体内の遺伝子活性が変化し、それによって症状が引き起こされるのだという。この知見は、米医学誌「American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine(呼吸器・クリティカルケア医学)」11月号に掲載された。

一般的な風邪の30~50%はHRVが原因であるとされ、喘息などの症状を増悪させることもある。「誰もが風邪には特に害はないと考えており、実際そうなのだが、喘息、気管支炎、肺気腫などの下気道疾患がある人の場合には、風邪のウイルスが急性発作の引き金となり、生命にかかわることもある」と、研究チームの1人、カナダ、カルガリー大学のDavid Proud氏は述べている。

今回の研究では、35人のボランティアにHRVまたは偽ウイルスのいずれかを注入し、感染前および感染後に鼻上皮から擦過検体を採取した。DNAのマイクロアレイ分析の結果、感染後8時間では遺伝子変化は認められなかったが、2日後には約6,500の遺伝子に変化がみられ、活性が亢進するものもあれば鈍くなるものもあった。ウイルスの存在による影響が特に大きかったのは、気道炎症の一因となる抗ウイルス蛋白(たんぱく)および炎症性化学物質を作る遺伝子であったという。また、最も活性の高かった抗ウイルス蛋白viperinの値は細胞内で2倍以上となり、HRVの複製がviperinによって妨げられることも示された。

「これは、人体がウイルスから身を守るメカニズムとしてこれまで知られていなかった部分である」とProud氏は述べ、この知見が2通りの風邪の治療法につながるとしている。その1つは、症状を引き起こす炎症性遺伝子を特定し、その活性を阻害する方法、もう1つはウイルスとの戦いを助ける鍵となる分子を特定し、その分子の能力を上げたり、外部から補ったりする方法だという。なお、この研究には、米バージニア大学およびP&G社の研究チームが参加している。

医学誌「Journal of Infectious Diseases(感染症)」11月15日号に掲載された別の研究では、小児の肺感染症による入院の主な原因となる呼吸器合胞体ウイルス(RSV)が、症状が治まった後も体内に残り続けることが判明した。このことが喘息などの慢性気道疾患の原因となるとも考えられ、新しい治療標的となる可能性もあると米テキサス大学サウスウェスタン・メディカルセンター(ダラス)の研究グループは述べている。


もっとドンドン解明して行ってください。
風邪、病気、すべて撲滅希望!
ついでに、関係ないけど、蚊も絶滅希望!
未だ、刺される…やめていただきたい…

NBA=レーカーズが開幕2連勝

米プロバスケットボール協会(NBA)は29日、各地で試合を行い、昨季西カンファレンス覇者のレーカーズは117―79でクリッパーズとの地元対決を制し、開幕2連勝した。
 このほか、ロケッツは姚明が21得点の活躍でグリズリーズに82―71の勝利。サンズは103―98でスパーズを下して、またピストンズはペーサーズを100―94で破って、それぞれ開幕戦を白星で飾った。


今年のレイカーズは、ほんとに脅威。
すばらしい1年を楽しみにしたいと思う。

★結果一覧★
76ers 84 - 95 ラプターズ
マジック 85 - 99 ホークス
ウィザーズ 85 - 95 ネッツ
ニックス 120 - 115 ヒート
ピストンズ  100 - 94 ペイサーズ
ティンバーウルブズ 98 - 96 キングス
スパーズ 98 - 103 サンズ
サンダー 87 - 98 バックス
ロケッツ 82 - 71 グリズリーズ
ジャズ 98 - 94 ナゲッツ
ウォリアーズ 103 - 108 ホーネッツ
クリッパーズ 79 - 117 レイカーズ

【NBA】ブレイザーズG.オデン、2週間から4週間の戦線離脱

 右足を負傷したポートランド・トレイルブレイザーズのグレッグ・オデンがMRI検査を受けた結果、2週間から4週間戦列を離れる見通しであることが現地時間29日に分かった。地元紙「オレゴニアン」によれば、重傷ではなく手術も必要ないという。

 28日のロサンゼルス・レイカーズ戦の前半、リバウンドを競り合った際に負傷。「(誰かの足の上に)着地しただけだ。後半もプレーしようと思った」。ネイト・マクミランHCによると、オデンはトレーニングスタッフに包帯を巻いてもらい、もう一度試合に出ようとしたとのこと。「走ったけど問題なかったよ」。しかし、試合に出られる状態ではなかった模様。

 センターのオデンはこの日3つのオフェンスリバウンドを含む5リバウンドを獲得。1ブロックも記録したが、2つのターンオーバーを犯した。2007年ドラフト全体1位指名の前評判から期待された活躍ではなかったが、「努力して進み続けるよ。少し悪かっただけだ。(29日には)ジムに行く」と前向きな姿勢を見せていた。



駄目じゃん…
今度のブレイザーズ戦も出場なしか…
期待の新人は、いつになったら見れるのか???
もう新人じゃないのに、まだ公式戦、1、2試合しかしたことないんじゃないか???
こんな簡単に怪我してたら、チームもかなわないだろうな…

本日より

NBA開幕。
開幕により、超てきとう日記は、よりNBAよりに偏って行きます。
寄って、B'zサイドの読者からすると、非常におもしろくない内容に…

一番、いいのは、
バスケが好きで、Michael Jordanが好きで、B'zが好きで、稲葉さんが好きな人が楽しめる。(楽しんでもらってる気がする…)

もちろん、これから、記念時計到着、会報到着、パンフ到着、DVD発売によって、B'z色にまた傾くということもある。

タイトル通り、超てきとうなんで、誤字脱字ありまくりでよろすく。

【NBA】コービー、23得点! レイカーズがブレイザーズを撃破

 ロサンゼルス・レイカーズは現地時間28日、本拠地ステイプルズ・センターでポートランド・トレイルブレイザーズと激突。昨季レギュラーシーズンMVPを受賞したコービー・ブライアントが23得点、11リバウンド、5アシストの活躍でチームを牽引し、96対76でシーズン開幕戦を白星で飾った。

 ブライアントの他には、パウ・ガソルが15得点、7リバウンド、トレバー・アリーザも11得点を奪取した。また、プレシーズンマッチから様々な選手を試していたスモールフォワードのポジションには、ウラジミール・ラドマノビッチが先発出場。シックスマンとなったラマー・オドムは、ベンチスタートながら9得点、7リバウンドと流れを変える働きでチームに貢献していた。

 レイカーズはブライアントに引っ張られ、第1Qで24対14と2ケタリードに成功。その後も全てのQでブレイザーズを上回り、最後は20点差の大差で勝利した。

 一方の敗れたブレイザーズは、07年のドラフト全体1位指名を受けたグレッグ・オデンがレギュラーシーズンにデビュー。前半で5リバウンド、1ブロックを記録したが、第2Q終盤に負傷し、ロッカールームへ退いていた。尚、翌日MRI検査をレントゲン検査を受ける予定とのこと。



今年のレイカーズ、ただ者ではない…
と誰もが思うところ…
地道にLeBronとIversonを応援しよ。

それにしても、オデン…
今シーズンもすでに終了とか言うなよ…

NBA=新シーズンが開幕

セルティックスが白星発進

10月28日、NBA新シーズンが開幕し、昨季王者のセルティックスがピアース(写真)の活躍などでキャバリアーズに勝利(2008年 ロイター/Adam Hunger)
 [ボストン 28日 ロイター] 米プロバスケットボール協会(NBA)の新シーズンが28日に開幕。昨季王者のセルティックスがキャバリアーズに90―85で勝利した。
 昨季17度目のタイトルを手にしたセルティックスは、エースのピアースがチーム最多の27得点と活躍。一方のキャバリアーズは、レブロン・ジェームズが22得点を記録した。
 このほか、昨季西カンファレンス覇者のレーカーズは、ブライアントが23得点11リバウンドと活躍し、トレイルブレーザーズに96―76で快勝。
 また、ブルズは108―95でバックスに勝利した。
20081029piace.jpg


NBA season 2008-2009 NHK放送予定

10月29日(水) 20:10~22:00 キャバリアーズ 対 セルティックス(開幕戦)
10月31日(金) 20:10~22:00 ホーネッツ 対 サンズ
11月1日(土) 17:40~17:45 NBAガイド2008-09
11月1日(土) 19:10~21:00 ナゲッツ 対 クリッパーズ
11月1日(土) 21:55~22:00 NBAガイド2008-09
11月2日(日) 12:40~12:45 NBAガイド2008-09
11月2日(日) 12:45~12:50 NBAガイド2008-09
11月5日(水) 19:10~21:00 マーベリックス 対 スパーズ
11月7日(金) 1:10~3:00 マーベリックス 対 スパーズ(再放送)
11月7日(金) 19:10~21:00 ロケッツ 対 トレイルブレイザーズ
11月8日(土) 19:10~21:00 ラプターズ 対 ホークス
11月12日(水) 19:10~21:00 レイカーズ 対 マーベリックス
11月14日(金) 19:10~21:00 ピストンズ 対 ウォーリアーズ
11月16日(日) 1:10~3:00 ウィザーズ 対 ヒート
11月21日(金) 0:10~2:00 ブルズ 対 レイカーズ
11月22日(土) 12:10~14:00 ピストンズ 対 セルティックス
11月22日(土) 21:10~21:40 NBAマガジン 11月号 備考
11月23日(日) 1:10~3:00 ホーネッツ 対 サンダー
11月26日(水) 19:10~21:00 キャバリアーズ 対 ニックス

今年も、もちろん
1、LeBronを一番に応援
2、Iversonを応援
3、サインを初めて引き当てたので、ブランドン・ロイも応援しよう。

見事、大リーグの方に時間枠取られてるんだろうなー。
日本人多いし…
開幕でも生放送なし。
2000年ごろが懐かしや。

# CHUBBY GROOVE

(初回限定盤)(DVD付)

2017年1月18日発売

# アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル

2017年1月20日発売!

BOX [Blu-ray]

# ファイナルファンタジー XV

初回生産特典 武器

「正宗/FINAL FANTASY XVオリジナルモデル」

# Watch Dogs 2

初回生産限定特典

2016年12月1日発売!

# あなたが欲しいのはコレ?

# ビックカメラ.com

ビックカメラ.com

# 古本さがすならココ!

古本市場オンライン

FC2Ad