超てきとう日記3

~Michaelと稲葉さんを探し彷徨う旅は果てしない~

# プロフィール

KenKen

Author:KenKen
Apple大好き!
Michael Jordan大好き!
NBA大好き!
B'z大好き!
な、超てきとうな人間のBLOG。
※(注)誤字脱字満載です!

名 前:kenken
出身地:稲葉さんと一緒。
血液型:稲葉さんと一緒。
身 長:178cm!
AIR JORDAN、100足所持!

# FC2カウンター

# FC2 BLOGランキング

# 最近の記事

# ブログ内検索

# 月別アーカイブ

ちょっと前の話…

月刊ジャンプで連載していた「ライバル」や「ギリギリぷりん」を描かれていた作者の柴山薫さんが亡くなられたそうだ!!!
もう数日経ってしまったが…。
まだお若いのに…。
私は、柴山薫さんの個人のHPで、いろいろ教えてもらった事がある。いつもちゃんと質問とかコメントに解答してくれるのである。
なんていい人だ…。
最近、忙しくて10日間ほどHP見なかったら、スタッフから報告があった。
最初、冗談かと思ったけど、そーでもないようだ…。
まだ信じれないけど…。
ご冥福をお祈り致します。

ヒート屈辱の4連敗! 王者の1回戦スウィープ敗退は50年ぶり

 ディフェンディング・チャンピオンのマイアミ・ヒートが現地時間29日に本拠地アメリカン・エアラインズ・アリーナで行われた東カンファレンスプレーオフ1回戦ゲーム4でシカゴ・ブルズに79対92で敗戦。4連敗を喫し1回戦敗退が決定した。

 ドウェイン・ウェイド、シャキール・オニールのスーパースターを抱えるヒートだったが、連覇の道はあまりにも呆気なく閉ざされた。プレーオフ1回戦突破は1998年が最後というブルズに4タテ。昨季王者の1回戦スウィープ敗退は、1957年のフィラデルフィア・ウォリアーズ以来という不名誉な記録となった。

 ゲーム3の敗因になったフリースローが、この日も決まらなかった。27本中13本の成功は、成功率5割に届かない。ディフェンスでは、ドリブルペネトレイトを数多く許し、ルオル・デングとベン・ゴードンに外から簡単にシュートを決められた。パット・ライリーHCも「彼ら(デングとゴードン)を封じ込められなかった。彼のスピード、クイックネス、破壊力にやられた」と険しい表情。オニールは「彼らのプレーが素晴らしかった。ハードにプレーしていたからルーズボールもリバウンドも獲られた」と敗北を認めていた。

 予想もしなかった4連敗。ブルズのデングすら「スウィープなんて考えてもいなかった、少なくとも僕はね」と振り返る。ヒートが、王者らしさを見せぬままプレーオフから姿を消した。

50年ぶり!!!!
大記録更新ですな~。

GWのしょぼい過ごし方

今日、超ひまひまだったので、
めっちゃ寝まくった。
起きて、Yahoo動画で、「永遠の翼」のMVを見る。
その後、面白いもの発見!
「北斗の拳 連続予告108激」
ず~~~っとタイトルコール。
オモロいコレ!!!
ずっと、ティーリーッティー♪って始まるし。
前にトレビアでドンドンナレーションのテンションが上がるって言ってたけど、
ゆっくり見てたら、ナレーターの人、いろいろ違うな…。

ブルズ、M.ジョーダン時代以来の2回戦進出

シカゴ・ブルズが、“神様”マイケル・ジョーダン時代以来となるプレーオフ2回戦進出を果たした。現地時間29日、マイアミ・ヒートと敵地アメリカン・エアラインズ・アリーナで東カンファレンスプレーオフ1回戦ゲーム4を戦い92対79で勝利。昨季王者を4タテし、1998年以来9年ぶりとなる1回戦突破を決めた。ベン・ゴードンが24得点すると、ルオル・デングは22得点、12リバウンドを奪取。2回戦ではオーランド・マジックをスウィープしたデトロイト・ピストンズと対戦する。

 若いブルズが、ディフェンディング・チャンピオンをスウィープした。44対48で前半を折り返したが、第3Q終盤の残り2分44秒にデングのジャンプシュートで逆転に成功。このQを24対16とすると、第4Qも24対15とヒートの反撃をかわした。フリースローが苦手なベン・ウォレスが、終盤になってヒートのファウル攻撃にあったが、この日は8本中7本成功。13得点、11リバウンドのダブルダブルで、白一色のヒートファンで埋まったスタンドを黙らせた。デングは「最高の気分。今まで経験したことのないところ(プレーオフ2回戦)に行けるんだからね」と笑顔を見せていた。

 1回戦でディフェンディング・チャンピオンを退けるのは、フェニックス・サンズがサンアントニオ・スパーズを破った2000年以来のこと。奇しくもその時サンズのコーチを務めていたスコット・スカイルズ現ブルズHCは「達成感がある。選手は良くプレーしてくれたし、4試合全てハードに戦った。勝利に値するよ」と誇らしげだった。

 屈辱の4タテを食らったヒートは、ドウェイン・ウェイドが24得点、10アシスト、シャキール・オニールが16得点を挙げた。ところがチームのフリースロー成功率は27本中13本成功の48.1%。ゲーム3でも敗因となったフリースローが勝負を分けたとも言える。


ということで、Michaelが記事の中に出て来たので採用!!
へぇ~、ブルズも成長したもんだ。
デング、ゴードン、ウォレス、カークのバランスが良いのかな???

Playoffs2007 8日目

OH NO!
ヒート、ブルズにスイープされる!!!!!
and
マブス、ウォーリアーズに王手される!

去年のFinalの2チームが負けまくり!!!!!
どーなっとんじゃ!!!!
ヒートは、Wadeの怪我でしょうがないにしても、
マブスが負ける意味がよくわからない…。

ヒート 79 - 92 ブルズ
レイカーズ 100 - 113 サンズ
ネッツ 102 - 81 ラプターズ
ウォリアーズ 103 - 99 マーベリックス

ああ、恐ろしい、Playoffsには魔物が住んでいる…

# CHUBBY GROOVE

(初回限定盤)(DVD付)

2017年1月18日発売

# アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル

2017年1月20日発売!

BOX [Blu-ray]

# ファイナルファンタジー XV

初回生産特典 武器

「正宗/FINAL FANTASY XVオリジナルモデル」

# Watch Dogs 2

初回生産限定特典

2016年12月1日発売!

# あなたが欲しいのはコレ?

# ビックカメラ.com

ビックカメラ.com

# 古本さがすならココ!

古本市場オンライン

FC2Ad